信頼性や経営参加の範囲など自分の考えや価値観に合ったエンジェル投資家を選びましょう。

MENU

エンジェル投資家から出資を募る方法

家と電卓とお金

エンジェル投資家とは、創業間もない企業やこれから起業する人に対し資金を供給する富裕層の個人です。
資金提供した見返りに株式や転換社債を求めることが一般的で仕組み的にはベンチャーキャピタルに似ています。
ベンチャーキャピタルとの違いは資金提供者が他社から資金を集めたファンドではなくて個人であることです。
以前は特定の富裕層と繋がる人脈がないと利用できない資金調達方法でしたが、昨今はインターネット上のマッチングサービスが普及して誰でもエンジェル投資家を募ったりコンタクトを取れるようになりました。
富裕層ではないけど事業投資や共同経営をしたい個人の方がエンジェル投資家として資金提供するケースも増えています。

 

エンジェル投資家を利用するメリット・デメリット

 

エンジェル投資家には様々な人がいます。
ベンチャーキャピタルや金融機関から独立して、資金提供やコンサルのプロとして培ったノウハウで投資する人もいれば、お金の有り余っている金持ちが趣味や遊び感覚でしているケースもあります。
また、ネット掲示板の普及で増えているのが、脱サラした人や現役サラリーマンなど多少の貯金を持っていて、共同経営を目的にしているケースです。
良くも悪くもプロだけではなく素人もいるので、銀行では認められないような荒くて詳細シュミレーションを出していない事業計画書でも投資してもらえるなど資金調達のチャンスは大きいです。

 

ただし、経営参加を求めたり物言いをする投資家が多く、ベンチャーキャピタルなどのプロ集団とは違い、初心者が経営に携わって掻き回すなど悪い影響を与えることもあります。
少し計画がズレただけで資金回収を求められることもあり、エンジェル投資家の理不尽な言動で損失の出ることもあります。

 

エンジェル投資家から資金を募るのであれば、経営参加の有無や必要資金、配当などの計画や、損失が出ても継続して事業を行う期間など詳細を提示することができます。
資金提供を受ける側のビジネスを保全するためにもルールの詳細を書面にしてお互いに署名、捺印をして保管しておくようにしましょう。

 

また、悪いエンジェル投資家は資金提供はせずにビジネスのアイデアだけ盗んでしまうことがあります。
ビジネスモデルの詳細を話する前には機密保持契約書を交わしておくことをオススメします。

 

 

エンジェル投資家を見つける方法

 

インターネットのマッチングサービスと人脈を使って紹介などで見つける方法があります。
ゼロからエンジェル投資家を見つけるのであればネットのマッチングサービスが便利です。

 

マッチングサービスではビジネスモデルを投稿してエンジェル投資家からの連絡を待つ方法と、登録しているエンジェル投資家に対してアプローチをする方法があります。
登録しているエンジェル投資家は予算や経営参加の有無、実績などを明記していますが、しっかりした事業計画書を求められることが多いなど資金提供受けるためのハードルが高いです。

 

自ら投稿する場合は魅力的なビジネスプランやエンジェル投資家への還元プランを示さないといけません。
お金を出すだけではなく、エンジェル投資家としての信頼性や経営参加の範囲など自分の考えや価値観にあったエンジェル投資家を選ばないとトラブルに発展するので注意しましょう。

 

エンジェル投資家から出資を募ることは、銀行融資で断られた人でもチャンスはありますが、リスクが高く個人を相手にする難しさがあることを認識して、入念な計画とビジネスプランを固めてから検討してください。