ファクタリング会社に売掛債権を譲渡することで、売掛金の入金前に現金を調達することが可能です。

MENU

ファクタリング

ファクタリングは売掛債権買取サービスで、売掛サイトの長い取引先を持っている会社や個人事業主向けの資金調達方法です。
一般的な売掛金は月末締めの翌月払いもしくは翌々月払いになります。
さらに建設業界など一部の業種では売掛サイトが半年から1年になることもあります。

 

ファクタリングは売掛金を専門業者に買取してもらうことで早期現金化をして資金回転を早めるものです。
運転資金が少し足りない時や、仕入れ費用など事業の運営費用を捻出するための資金調達で活用されるケースも多いです。

ファクタリングでお金を手に入れた女性

仕組み的には手形買取に似ていますが、売掛先から手形発行してもらう必要がなく、請求書や過去の取引実績、契約書など簡単な資料と未払の売掛金さえあればスピーディーに資金調達できます。
対応の早い業者では、即日入金も可能で審査時間がスピーディーなので、すぐに資金調達が必要な場面では銀行融資も問題なくできる企業が利用するケースもあります。
また、ファクタリングは主に利用企業ではなく売掛先の信用情報を重視して審査が行われます。

 

赤字決算、税金滞納、立ち上げたばかりのベンチャー企業や実績の乏しい個人事業主など通常の融資・借入が困難な場合でも、売掛先の信用力に問題がなければ利用できて、売掛先が大手や各種保険機関、官公庁などの場合は条件を優遇されます。

 

ファクタリングの種類

ファクタリングは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。
2社間ファクタリングは利用企業(個人事業主)とファクタリング業者の2社間で契約を行い、売掛先には知られずに資金調達できます。

 

3社間ファクタリングは、売掛先とも契約を交わす方法で、ファクタリング業者からしてみると回収不能、もしくは売掛金が支払われた後に利用者が支払いをしないリスクが少ないため、2社間ファクタリングよりも安い手数料で利用できます。

 

日本は米国に比べてファクタリングの理解がない企業が多く、ファクタリングによって信用を落としてしまうリスクがあります。

 

一般企業を相手にしたファクタリングでは2社間が主流で、建設業、運送業など売掛サイトが長い業種や、クレジットカード債権、診療報酬債権、介護報酬債権、調剤報酬債権などで3社間ファクタリングを活用されることが多いです。

 

ノンリコース(償還請求権なし)と償還請求権あり

 

ノンリコース(償還請求権なし)とは、万一売掛先が破綻した時に利用者が弁済をする必要のない契約方式です。
売掛金を回収不能になるリスクがなく、ファクタリングの主要な契約方式になっています。

 

資金調達目的ではなく、大手が小規模業者と新規取引をする際の信用保全を目的にファクタリングを利用する需要もあります。

 

銀行系ファクタリングと民間企業系ファクタリング

 

ファクタリング業者は以下の3種類に分類されます。

 

  • 銀行などの金融機関
  • 大手企業(オリックスなど)
  • 民間ファクタリング業者

 

銀行と大手企業は3社間ファクタリングが中心で、利用企業に対しても厳しい審査を行います。
民間ファクタリングは2社間ファクタリングの取り扱いがあり、赤字決算、税金滞納など利用企業の与信がなくても柔軟な審査を期待できます。
ファクタリングは貸金業ではなく簡単に参入できる業界のため、法外な手数料を取ったり、闇金など違法な融資を斡旋する悪質業者も混ざっているので、優良業者の見極めが重要です。

 

手数料の相場

 

  • 診療報酬債権、介護報酬債権、調剤報酬債権など   1~5%
  • 大手の3社間ファクタリング   3~8%
  • 民間ファクタリング業者の3社間ファクタリング   3~10%
  • 2社間ファクタリング   5~20%

 

全般的に銀行融資やビジネスローンの利息よりもファクタリング手数料の方が高コストです。
柔軟な審査やスピーディーな資金調達のメリットを含めてファクタリングを利用するか検討してください。