Zaifを運営するテックビューロが開発したICOのためのプラットフォーム「COMSA」が有名です。

MENU

ICO(仮想通貨)で資金調達する事も

仮想通貨ビットコイン

 

これから増えていくかもしれない資金調達方法です。
仮想通貨とは暗号化してインターネット上のみで使える通貨で、昨今は簡単に自分の仮想通貨を発行(ICO)できるサービスが登場しています。

 

仮想通貨名、発行枚数、シンボルなど簡単な情報入力だけでできて、プログラミングの技術は必要ありません。
2018年8月現在ではCoinCreatorとCOMSAあたりが有名です。
今後は続々とICOできるサービスが増えていく見込みです。

 

ICOだけではなく上場できる環境が必要

 

素人が簡単にICOできる仮想通貨の暗号(ブロックチェーンなど)はシンプルなもので、ICOで自分の仮想通貨の発行まではできますが、取引量のある取引所やプラットフォームがありません。

 

国内では仮想通貨ブームで証券会社をはじめ大手が続々と参入していますが、国内の正規取引所は世界の中でもトップクラスで審査が厳しくて時価総額数億円以上の通貨でも簡単に上場できません。

 

新興コインは海外の取引所で上場させるのが市場の流れです。限りなく価値がゼロに近い草コインと呼ばれるものも数え切れないほどありますが、自社で開発せずにツールで作った簡易的かつベンチャー企業の仮想通貨では、海外の取引所でも上場させるのは簡単ではありません。

 

運営母体は海外になるかもしれないですが、今後の日本の企業や個人事業主が資金調達や自社サービスの決済に強い仮想通貨を専門に扱う取引所を登場させることが必要です。
誰でも気軽にICOできる環境になればライバルも増えるので、同じ市場で取引される他の仮想通貨に対して何かしらの強みを出して差別化できないと資金調達に結びつかないでしょう。

 

資金調達プラットフォームはすでに多数存在

 

いくつかのプラットフォームが開発をされていて、有名なのはZaifを運営するテックビューロが開発したCOMSAというプラットフォームです。
すでに運用されていて、今後の拡大を期待されています。
仕組みやコンセプトで見ると、個人が自分の価値を上場するVALU(バリュー)と似ています。
会社や自営業の屋号を証券取引所ではなくて仮想通貨の中で上場する方法を取ることになります。

 

バリューでも人によって特典が変わってきますが、仮想通貨による資金調達では業績アップによる価値の上昇、配当などお金で見える特典を用意しないと難しいです。
ICOすれば誰でも儲かるものではなく、投資家にとって何かしら魅力を伝えないといけないので、現時点で楽な資金調達方法ではありません。

 

普及すれば投資家が増えますし海外の富裕層もターゲットに資金調達可能です。
まだ市場は小さいので現時点での活用は難しいですが今後の成長に期待です。

 

COMSAが確実に普及するかは分かりません。プラットフォームではなくてちゃんとした起業家の仮想通貨向けの取引所ができる可能性もあり、どのサービスに人が集まるかは分かりません。

ICOで資金調達を目指すのであれば、ICOをする場所選びが重要になります。

 

その他にはエンジェル投資家からの出資という資金調達方法も存在します。