貸借対照表やキャッシュフロー表などを用意して、銀行の融資担当者と仲良くなって相談することが大切です。

MENU

会社経営は何が起こるか分からない

経営に悩んで相談してる男性

安定した大企業でも無い限り、資金の問題は常に発生するでしょう。
経営者であればキャッシュフローと生涯を共にするほど密接に関わることになります。

 

現状が安定しているとしても、いつ現金が不足するか分からないのも悩み所です。
事故や災害で資金繰りに苦労することもあれば、事業拡大に産みの苦しみが出て来るかもしれません。
何が起こるか分からないからこそ、万全の対策をしておいた方が良いでしょう。

 

経営者が困った時に頼るのは主に銀行となります。
そこで覚えておきたいのが審査を通りやすくするコツについてです。
審査に通過しやすくなれば万が一の時でも素早く資金調達が可能でしょう。

 

銀行などで審査が通りやすくなるポイントや、準備しておいた方が良い資料についてまとめました。

 

審査に通りやすくなるコツ

実践しておきたいのは、とにかく銀行の担当者と仲良くなることです。
初対面の相手よりも何度か相談を受けている相手の方が心証が良くなるでしょう。

 

融資を検討していない状態であっても、事業計画書などを持って相談をしておくと良いです。
経営状況や推移が伝わっているだけで、いざという時の審査が通りやすくなります。

 

他にも、会社の将来性について言及できると審査を有利にできます。
今の事業がどのように世間へ貢献するか、どれだけの成長をするか説明できると期待値が上がります。

 

融資とは事業への期待を数値化したものなので、将来性を語れることは大切です。
資金が無くて困っているという話よりも、この事業が順調に進めばこれだけの成果があるという夢を語るべきなのです。

審査が通りやすくなるように、普段からこうした点を気にかけてみましょう。

 

普段から用意しておきたい資料

会社の資金に関する書類

貸借対照表やキャッシュフロー表などを用意しておくと、銀行と話をしやすくなります。
手ぶらで銀行の窓口へ融資の相談へ行っても具体的なアドバイスは受けにくいです。

 

なぜなら銀行の担当者は会社の経営状態や目標、今後の将来性などが見えないので何も言えないのです。
それを可視化するには、賃借対照表やキャッシュフロー表が必要になります。
これらの資料があればすぐに銀行の窓口で経営や融資の相談を行えるでしょう。

 

思いがけず時間ができた場合などに、銀行と交流を深めるために出向いてみると良いです。
その時に持ち出せる資料が無いと見送りになってしまうので、普段から用意しておいてください。

 

銀行に相談に行く予定がない場合でも、準備することで経営状況の確認が行えます。
お金の流れやリスクを意識するためにも、賃借対照表などの資料を準備する習慣を身につけておきましょう。