ノンバンクは金利が高いので、事業投資よりつなぎ資金で活用することが多いです。

MENU

ノンバンクで借りる

 

 

ATM

ノンバンクは銀行以外で資金提供できる正規の金融機関のことで、具体的には消費者金融、信販会社(クレジット会社)があります。
事業資金向けではビジネスローンを専門に扱う業者もあり、最短即日融資など銀行にはないサービスを提供しているケースもあります。

 

ノンバンクの特徴は金利が高くて銀行よりも審査が甘いことです。
つまり、最大のメリットは確実かつスピーディーに資金調達できること。デメリットはコストが高いことです。
ビジネスローンでも利息制限法に基づく上限金利内のスペックが一般的で元本100万円未満18%以下、元本100万以上で15%以下の金利になることが多いです。

 

ノンバンクの有効なケース

 

ノンバンクを利用するべき状況は次の2パターンです。

 

  • 銀行からの借入審査に通らない
  • スピード的に銀行融資だと問題がある

 

ノンバンクと銀行は共通点の多い資金調達方法です。
真逆の性質を持っているのではなく、銀行に比べると審査が緩くてスピード対応に強いことを覚えておきましょう。

 

金利が高いので、事業投資よりつなぎ資金で活用する事例が多いです。
近年はクレジットカード現金化、ファクタリングなどコストは高いけどスピード対応に強い資金調達方法が増えているので、銀行とともに需要は減っています。
ちなみにAIスコアレンディングも消費者金融に該当するのでノンバンクの一種になります。
事業用資金目的では使えない問題がありますが、Web完結でスピーディーに資金調達できて少額の借入であれば銀行融資と大差ない条件になります。

 

個人名義を使う方法で人気の銀行系カードローンよりも金利は安いです。
昔ながらのビジネスローンよりも、新しく登場した資金調達サービスの人気が高まっています。

 

後から不利なことが増えるノンバンクのデメリット

 

ノンバンクの大きなデメリットは金利の高さです。
ノンバンクは銀行に比べて高額融資に弱いデメリットもあり、少額利用やすぐに完済できるケースでノンバンクを利用する方が多いです。
早期完済できれば大きな問題はないですが、時間をかけて返済して借入残高が残っていると、次に資金調達が必要なときに不利になるデメリットがあります。

 

ノンバンクは高額融資には消極的で、将来の成長性よりも既存の財務状況や実績を重視して審査が行われます。
借入残高がある中での追加融資はシビアな審査をされます。

 

さらに決算書や信用情報にノンバンクから借入している履歴が銀行にも分かってしまいます。
スピーディーな審査と入金ができるメリットから、少額の資金提供はノンバンク、事業投資や受注時の大量仕入れ、外注費、人件費など大きな資金調達は銀行融資と分けて考える経営者もいますが、ノンバンクからの借入残高があると銀行融資はシビアに判断されます。

 

一例として銀行から100万円借りていれば1,000万円の追加融資を受けられる状況でも、ノンバンクから100万円借りていることで銀行融資では500万円の借入でも断られてしまうことがあります。

 

金利の高さなど目の前のデメリット以外もあることを考えて慎重な利用と計画的な資金計画を立てて利用しましょう。