補助金は審査がありますが、助成金は特定の条件を満たしていれば支給されます。

MENU

国からの補助金と助成金

国から貰える補助金

資金調達を考えているのなら、融資を受けたり借金をしたりする前に補助金と助成金を利用しましょう。
国が行う公的な資金援助は会社経営の強い味方になるのです。

 

最大の魅力は、受け取った補助金や助成金を返済する必要が無いことです。
タダで受け取れるお金なので、積極的に活用しなければ損してしまいます。

 

資金繰りに苦戦している経営者は、国や自治体でどんな補助金や助成金があるかを調べてみてください。
自分の会社が対象になるものがあれば活用できますし、新しい制度や対応を行えば貰えるかもしれません。

 

1点注意したいのは、補助金と助成金は別物ということです。
似ているようで微妙な違いがあるため、ここからは両者の具体的な概要を見て行きましょう。

 

補助金の概要

補助金を受け取っても返済義務は無いため、そのまま貰って会社運営の費用に使って大丈夫です。

 

この補助金を受け取るためには、各種条件を満たしていなければいけません。
補助金の内容によって条件は異なっており、また申請できる期間も指定されています。
決められた期間内に申請を行い、審査によって条件が満たされていると判断されたら補助金が受け取れるのです。

 

具体的な条件ですが、例えば創業から5年以内であることや助成金の使用目的が従業員のキャリアアップに関係するか、などがあります。

 

国はむやみやたらに現金をバラまいている訳ではなく、明確な目的があるのです。
それが従業員のキャリアアップであったり、環境事業の促進であったりします。
その時の国の指針に合致すれば補助金を受け取れると考えてみると分かりやすいでしょう。

 

助成金の概要

補助金をもらえて嬉しそうな男性

補助金と違って助成金には審査という過程がありません。
それぞれの助成金で決められた条件を満たしていれば必ず受け取れるようになっています。

 

代表的な例だとハローワークから正社員採用を行ったり、障害を持つ人を採用したりすると助成金が出ます。
資格試験の費用なども対象に含まれることがあり、これは従業員のキャリアアップが目的です。

 

地方自治体によっては地元企業と仕事をしたり、本社登録を地元に変更したりすることで助成金を出すケースもあります。
このように特定の条件を満たしたら必ず貰えるのが助成金です。

 

注意点

最後に、補助金と助成金で気を付けなければいけない点を紹介したいと思います。
これらは自社のお金を使った後に申請を行い、数ヶ月後に振り込まれる仕組みになっています。

 

事前に受け取れるお金ではなく、使った後に補填されるので覚えておきましょう。

そもそも使う現金が無いほど切迫しているのなら、やはり銀行の融資やファクタリングなどを検討するべきです。